RUSPERT_LOGO

Top Page RUSPERT_English RUSPERT_Chinese
商品概要
ダウンロード
ネットワーク
研究開発
お問い合わせ
会社案内
よくある質問
Q: 絶縁性効果が高い処理は?
   
A: 弊社処理すべてに絶縁効果ありますが、その中でも一番良いのがラスパート処理になります。
逆に通電性が必要な場合は、弊社までお問合せ下さい。

>>戻る

Q: 異種金属接触腐食(電食)対策に適している処理は?
   
A: アルミや高耐食めっき鋼板等、弊社の処理は異種金属接触腐食(電食)に対して
効果が有ります。
使用用途で効果のある処理を、ご提案せさて頂きますので、お問合せ下さい。

>>戻る

Q: 上塗りは可能ですか?
   
A: 可能です。ラフレやラスパートが適しています。
その他処理でも、ご相談内容により可能な場合もありますので、一度お問合せ下さい。

>>戻る

Q: 処理品の防錆補修剤はありますか?
   
A: 弊社ドラールをお使い下さい。
色彩は基本的にシルバー調となりますが、数種類あります。
調色も可能ですので一度お問い合わせください。

>>戻る

Q: 耐熱温度は何℃ですか?
   
A: ラフレ処理は摂氏350℃で、ディスゴ処理が摂氏300℃になります。
但しディスゴ処理の場合は、処理仕様により異なりますので、詳しくはお問合せ下さい。

>>戻る

Q: 使用実績は?
   
A: ラスパート
現在では一般名詞とも成った「ラスパート処理」。
分野・業界を問わずあらゆる構造部品や締結品の高耐食性表面処理として
採用いただいております。
最近ではメガソーラー発電関係の締結部材にも多く使用されています。
  ディスゴ
耐震・免震関係や構造物等、特に強度を求められる部材に多く使用されており
防食要求の厳しい超高層建築にも実績があります。
耐食性能も高く評価され、自動車関係や鉄道関係にも使用されています。
  ニコア
プラントなどの重工業地帯に、使用されています。
  ディスゴリンタス
住宅用のネジやビスなどに、使用されています。
  ディスゴルナ
塩害地など腐食環境化の部材に多く使用されています。
またメガソーラー関係やトンネル内で使用する締結部材などにも使用されています。
  ラフレ
強度を求められる部材に使用されており、自動車・船舶など部品関係に使用されています。
最近では上塗り密着性が良好という事も有り、耐食性が求められる部材への
アンダーコートとしてもご利用頂いています。

>>戻る

Q: 溶融亜鉛めっき上の処理は可能ですか?
   
A: 可能です。
ラスパート処理(カラー化と耐食性向上)と、ディスゴ・ルナ処理(高耐食性)があります。

>>戻る

Q: ステンレスやアルミ等の上に処理可能ですか?
   
A: 可能です。
現在ではステンレス(SUS)材に、ラスパートやディスゴ処理をする製品が多く流通しており
特に異種金属接触腐食や、塩害対策目的に使用されています。
また近年では、高耐食めっき鋼板上に処理する事も増加傾向にあります。
弊社処理は、鋼材で有れば基本処理可能ですので、お問合わせ下さい。

>>戻る

Q: カラー化は可能ですか?
   
A: 可能です。
ラスパート処理は、お客様ご指定の色彩にも調色は可能ですので、お問合せ下さい。
その他では、ディスゴ・ラニュー・リンタス処理の、5色のカラー
(シルバー・ブラウン・レッド・グリーン・ブルー)より選択が可能です。

>>戻る

Q: 耐薬品性はどうですか?(耐酸性/耐アルカリ性/耐油性)
   
A: 処理仕様や使用環境により異なりますので、一度お問合わせ下さい。
最適な処理をご提案させて頂きます。

>>戻る